京都建設業許可サポート 休日夜間OK 元建設業界にいた行政書士 建設業界に詳しく建設業許可・経審に愛着があり、圧倒的に強い 経験と実績が強み

専任技術者

  • HOME »
  • 専任技術者

弊所はノウハウがありますので、適切に対応することが可能です!!

高い許可率実績でしっかりサポート!!

まずはお電話で不安を解消!!

TEL075-611-9755

休日夜間OK!! 行政書士いこま法務事務所

専任技術者とは

専任技術者とは、建設業許可を取る上で、経営業務管理責任者と同様にポイント中のポイントになる重要な存在です!!

⇒ つまり、専任技術者になれる人がいないと・・・建設業許可はとれません・・・

よって、建設業許可の取得を希望される事業者様は、ぜひご注意ください!!

 

では、その専任技術者を簡単に説明しますと・・・

「営業所の専任の技術者」とは、その営業所に常勤して、専らその業務に従事する者をいいま
す。

事業体(法人又は個人事業主)と継続的な雇用関係にあり、休日その他勤務を要しない日を
除き、通常の勤務時間中はその営業所に勤務できる者でなければなりません。

 

複数業種の兼務もOK

複数の業種の許可を申請する場合において、それぞれの業種について基準を満たしている者は、同一営業所内において、複数の業種の専任技術者を兼ねることができます。

 

経営業務管理責任者との兼務もOK

また、「経営業務の管理責任者」と専任技術者との双方の基準を満たしている者は、同一営業所内において、その双方を兼ねることができます。

 

営業所単位、業種毎に配置する必要がある

建設業を営もうとするすべての営業所において、営業しようとする業種ごとに、次のいずれかの要件を満たす専任の技術者を置くことが必要です。

① 許可を受けようとする業種に関して、別に定める国家資格等を有すること

② 許可を受けようとする業種に関して、10年以上の実務経験を有すること

③ 高等学校等(又は大学等)で許可を受けようとする業種に関連する学科を卒業した後に、5年(又は3年)以上の実務経験を有すること

 

特定建設業の専任技術者は注意が必要!

なお、特定建設業の許可を受けようとする場合は、1級の国家資格者、又はこれと同等の者を配置しなければいけません。

特に、下記の7業種は「特定建設業指定7業種」として、専任技術者となることができる者は1級国家資格者又は国土交通大臣認定者のみに限定されています。

特定建設業指定7 業種

土木工事業、建築工事業、電気工事業、管工事業、鋼構造物工事業、舗装工事業、造園工事業

 

その他注意点

住所が営業所の近く

「営業所の専任技術者」は、通常の勤務時間中は、その営業所に勤務できる者であるため、住所が勤務を要する営業所の所在地から著しく遠い距離にあり、常識上通勤不可能な者は認められません。

 

他の営業所、建築士、宅建業関連の専任と兼務する場合は注意

他の建設業者の営業所・自社の他の営業所の専任技術者となっている者、建築士事務所を管理する建築士・宅地建物取引業者の専任の宅地建物取引士等の他の法令で専任を要する者(専任を要する営業体及び場所が同一である場合を除く)も専任であると認められません。

⇒ つまり同一営業所内であれば、兼務はOK

 

実務経験で専任技術者となる場合、年数が緩和される場合がある

「許可を受けようとする業種に関して10年以上の実務経験を有する者」として、2業種の営業所の専任技術者となろうとする場合、専任技術者となろうとする業種での実務経験と、その他の業種での実務経験を、あわせて12年以上(専任技術者となろうとする業種については、8年を超える実務経験が必要)有していれば、専任技術者となる資格を有することができます。

実務経験年数の緩和が認められる場合

sennnin

 

『旧とび・土工(平成28年5月までに取得された会社)』と『解体工事業』との関係

平成28年5月末時点で「とび・土工工事業」について専任技術者等の要件を満たしていた者は、平成33年3月31日までの間に限り、「解体工事業」の専任技術者等としての要件を満たしているものとみなされます。(「解体工事業」の許可を取得するには、別途許可申請が必要です。)

平成33年4月1日以降に「解体工事業」の許可要件を満たすためには、「解体工事業」の技術者の要件を満たさなければなりません。

⇒ つまり、平成28年5月末までに『とび・土工工事業』の許可をもっておられる事業者様で、解体工事をされる場合は、平成33年4月1日までに『解体工事業』の許可を取る(業種追加申請)をする必要があります。(急いでください!!)

 

「解体工事業」に係る実務経験年数について、平成28年5月末までに請け負った「とび・土工工事業」に解体工事が含まれる場合、解体工事に係る年数を「解体工事業」の実務経験年数とすることができます。
この場合に限り、「とび・土工工事業」と「解体工事業」の実務経験期間の重複が認められます。平成28年6月以降に請け負った「とび・土工工事業」と「解体工事業」の実務経験期間の重複は認められません。

 

土木工事業及び解体工事業、または建築工事業及び解体工事業、またはとび・土工工事業及び解体工事業に係る建設工事に関し、12年以上の実務の経験を有する者のうち、解体工事業に係る建設工事に関し8年を超える実務の経験を有する者は、解体工事業の専任技術者となる資格を有することができます。

15分程度の電話無料相談OK TEL 075-611-9755 休日・夜間の対応可能
当サイトは行政書士いこま法務事務所が運営
〒612-8052 京都市伏見区瀬戸物町748

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

行政書士 生駒信雄

行政書士 生駒信雄
行政書士いこま法務事務所の生駒です。
弊所は、建設業許可、経営事項審査(経審)、更新、変更届、入札参加資格申請などの建設関連手続きのエキスパートです!!
また、建設会社でよく取得される産廃収集運搬業許可、一般貨物自動車運送事業許可、会社設立も併せて受任可能です!!

スポンサーリンク

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 行政書士いこま法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.