弊所の経営事項審査申請のページを更新しました。

経営事項審査

過去10年ほどは、公共工事の削減等で経営事項審査(経審)を申請する建設業者は減ってきておりましたが、ここにきて今までの反動もあり、公共工事が活発化しつつあります。

一方、東京オリンピック、復興事業等々・・・建設業界は空前の人手不足にも陥っております。

その影響で、公共工事へ積極的に参入しようとする建設業者が、減ってきているともささやかれております。

また、公共工事は、建設業許可を取得しただけでは足りず、経審を申請し、入札参加資格申請をしなければ基本的に元請として受任できない世界です。

このような手続きの多さゆえ、せっかくの機会を逃すのはもったいないともいえます。

更に、経審を受審して入札参加資格申請をすればスグに工事を受注できるわけではなく、地道な営業活動も必要となります。

それゆえ、先ずは経審を受審することが先決です!!